Current show:Pic of Pain -After glow-, 2024, 145x95 mm, Lambda Print
Pic of Pain
Shiho Saito 斉藤 思帆

May 11 - June 8, 2024
2024年5月11日 - 6月8日

Opening reception:

May 11, 5-8pm




18, Murataでは斉藤思帆による個展『Pic of Pain』を5/11(土)より開催いたします。
斉藤思帆は、これまでに和紙などの素材にアクリル絵具や水彩絵具、シルクスクリーンを用いて、版画の手法を取り入れた絵画制作を行ってきました。斉藤はそれらの作品を見せる際に、家の壁紙を切り抜いて額装のマットに、あるいは家に置かれるような棚にオブジェを重石に使って作品を引っ掛けるなどインスタレーションとして展示します。それは絵画を見せる以上に、芸術作品を展示するため設えられた空間に、人の生活の営みや人が自然に芸術と交わる接点を表出させようとする試みなのかもしれません。オンライン上での見せ方も同様で、正しく正面から撮影するのではなく、生活の中で絵画が唐突に発見されたような写真を通して作品を見せます。

今回の個展では、作品が見られる環境を作品に取り込もうとする斉藤の視点が顕著に現れる作品のドキュメンテーションの方法にフォーカスし、写真作品と絵画作品の2つの軸に焦点を当てた展覧会を開催します。展示期間中、作品が記録された写真作品は常にご覧いただけますが、入口正面の壁面では、絵画作品が毎日入れ替えられます。
タイトルの『Pic of Pain』はPicture of Paintingを略したものですが、言葉が略されることによって別の意味も付与されます。それは、絵画が写真に写されるとき、別のイメージに変容することの示唆のようにも受け取れます。

18, Murata is pleased to announce Shiho Saito’s solo exhibition Pic of Pain, opening May 11th. 
Saito’s paintings incorporate printmaking techniques on materials such as Japanese Washi paper, using acrylic paint, watercolor, and silk screen. With these works she then challenges conventional methods of art display by presenting them in unorthodox ways such as framing them with cut-out wallpaper or creatively arranging them on shelves typically found in homes. This presentation aims to blur the lines between art and everyday life, inviting viewers to explore the intersection of art and human experiences. Similarly, the online presentation of the artwork deviates from traditional methods, opting for photographs that capture the spontaneous discovery of paintings within the context of daily life rather than using straightforward documentation.
The exhibition centers around two main components: photographic works and paintings. Primarily featured are the documentation photographs of Saito’s paintings, where the incorporation of the environment into the artworks is prominent. While the photographic documentation of the artworks will be exhibited consistently throughout the duration of the show, the paintings will rotate daily on the gallery's main wall.
The title Pic of Pain is a contraction of Picture of Painting but by abbreviating the words it also adds another layer of meaning. The title can also be interpreted as suggesting the transformation of paintings into different images when they are captured in photographs.



斉藤思帆
1988年東京都出身。武蔵野美術大学版画専攻、同大学院修了。主に和紙などの素材にアクリルやシルクスクリーンなどを用いて、版画制作の手法を取り入れた絵画制作を行う。
これまでの主な個展に「TEMPORAL POSSESSTIONS Ⅱ」(個展、東葛西1-11-6, A倉庫、東京、2023年)、「か な た」(個展、一乗法華寺、東京、2022年)、「私は瞬きもせずそれを見つめていた」(個展、MANHOOD gallery space、東京、2016年)など。
グループ展に「Maps」(Cité Internationale des Arts、パリ、フランス、2022年)、「感性の遊び場」(ANB Tokyo、東京、2022年)、「一方そのころ/meanwhile」(谷本真理との二人展、KAYOKOYUKI、東京、2019年)、「End of Summer Open Studio」(Yale Union、アメリカ、ポートランド2019年)など。アートユニットThe Goodwillerとして田岡美紗子と古着や古物を用いたプロジェクトも進行中。


Shiho SAITO
Born in Tokyo in 1988. Graduated the master’s degree of Musashino Art University Printmaking department. Saito creates paintings incorporating printmaking techniques, using materials such as Washi (Japanese paper) with acrylic, watercolor and silkscreen.
Saito has presented her work in: TEMPORAL POSSESSSIONS II (solo exhibition, Higashikasai 1-11-6, A SO-KO, Tokyo, 2023), Ka na ta (solo show, Ichijo-Hokkeji Temple, Tokyo, 2022), I was staring at it without blinking (solo show, MANHOOD gallery space, Tokyo, 2016), Maps (Cité Internationale des Arts, Paris, France, 2022), Playground for the Senses (ANB Tokyo, Tokyo, 2022), meanwhile (two-person’s show with Mari Tanimoto, KAYOKOYUKI, Tokyo, 2019), and End of Summer Open Studio (Yale Union, Portland, USA, 2019). She is also involved in the art unit The Goodwiller with Misako Taoka using vintage clothing and antiques as a project.



all images copyright and courtesy of the artists and 18, Murata.

© 2024 18, Murata All Rights Reserved.